CS60

中年の危機をどう乗り越えるか!

CS60 Salon Nagomichere なごみしぇーるのNAGOMICHIです。

わたしがそうだった(今もかもしれませんが)のですが、中年期に入って疲れ果ててしまう時期がありました。
その時期に今までのことを振り返って、後悔の念を抱き、それが重くのしかかり、最も不幸な状態に陥ってしまったのかもしれません。
かもしれませんというのは、それを認めたくない何かがありました。
サロンにあるわたしのビフォーアフターの写真で一目両全で、その時期どうだったかを見ることが出来ます。。。

すべての人に当てはまるわけではありませんが、とある最近の研究によると、51カ国の130万人を調べたところ、幸福度は生涯にわたってU字型を描いていることがわかったそうです。
20代前半は幸福度が高い目ですが、その後は低下して、50代前半まで下降な傾向が続くき、その後80代後半くらいまでは幸福度が再び上がるそうです。
ただ、このような変化が起こる原因はわかっていないとのことです。。。

プレッシャーの増大は幸福感を低下させるかもしれなくて、中年期の多くの人は、進まなかった道や人生の目標を達成できなかったことなど、後悔を手放すことが難しくなっているのかもしれないとのことです。

それで、このような悩みを抱えている人は、50代後半のU字カーブの上がっていくまで待つことはないと。
しかも、今すぐ後悔を手放すことができると。

確かに。

後悔している状況を考えてみる。
何が後悔の道を歩ませたのかを考えてみる。
昔の自分を理解してみる。
昔の自分に共感する時間を持つ。
もし自分の決断が問題を引き起こしたのなら、自分が耐えなければならなかった苦痛を慈しむ気持ちを持つ。
自分を責めるのではなく、何が原因でそのような決断をしたのか、自覚し続けることを選択する。
その時にできる最善のことをしたと知る。
自己慈愛に焦点を当て振り返る。

自分を責めたり後悔を感じたら、自分を本当に理解し、思いやりを持っているという視点に戻ることを選ぶ。

現在の生活状況に再注目する。
過去を変更することはできません。
なので、後悔などを手放して、今に集中するよう努力しましょう。
現在の生活の中で幸せを見つけるためにできる最善の選択をし、これからの日々を幸せにするための準備をしましょう。

後悔を捨て、自分を受け入れるには、努力と練習が必要です。
また、時間が経つにつれて、加齢による自然なプロセスが、後悔を手放す手助けをしてくれるかもしれないことも覚えておいてください。

現在、なごみしぇーるでは、無料でヒーリングを行っています。
ご興味のある方はお問い合わせくださいませ。追って詳細を送ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。